リサイクル着物 浴衣 手芸用和布 はぎれ 他 和装用品販売とお手入れ
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介ブログお問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

きもの各部の名称(解説付き)

解説文付きの、着物各部の名称説明です。図のみはこちら

着物の各部を表す言葉は、現代では馴染みの無い言葉が多いです。リサイクル着物などでシミの場所を示すときなど、どうしても使わざるを得ない事がありますので、そのような時は以下をご参照ください。 

 

女性の着物(表)

裄(ゆき)
背縫いから袖口までの寸法。着物サイズの目安参照。手を水平に伸ばして、首の付け根から手のくるぶしまでのサイズと対応。

身丈
肩から裾までの寸法。着物サイズの目安参照。女性の着物の場合はおはしょり分を加味し身長と同等か前後10センチ程度が適応サイズとなる。

前幅(まえはば)
前身頃の裾の部分の幅。着物サイズの目安参照。前幅+(後幅×2)+(1×2[ゆるみ分])が腰周りと同じくらいのサイズにする。とはいえ、元々は、並寸法で大体決まっていたサイズを多く着られていた。

袖(そで)
両腕を覆う部分。長さや形によっていろいろな種類の袖がある。

袖幅(そではば)
袖と身頃が縫い合わされている場所から袖口までの寸法。

袖丈(そでたけ)
袖の縦の長さ。肩山から袖下までの寸法。一般的に若い人は長め。歳を経ると短くなってくる。

袖口(そでぐち)
袖から腕を出すところ。裏には袖口布をつける。

身八つ口(みやつくち)
女物の着物の脇にある開き。男物には無い。

振り(ふり)
袖下にある開いた部分

衿(えり)
首のまわりから胸元で交差する部分。

衿幅(えりはば)
衿の幅。

掛け衿(かけえり)
衿の汚れを防ぐために、衿の上につける衿のこと。

地衿(本衿)(ちえり)
掛け衿に対し、下の本当の衿を地衿と言う。

衿先(えりさき)
衿の裏の下端につける衿先布のこと。もしくはたんに衿の下端のこと。

衿下(えりした)
衿先から褄先までの寸法。竪妻(たてづま)、立褄(たてづま)、褄下(つました)ともいう。

褄先(つまさき)
褄とは端という意味で、衽の周りの部分の事をいう。褄先はその角。

衽(おくみ)
前身頃に縫い付ける細長い布で、上は衿から下は裾まである。

衽下がり(おくみさがり)
肩から衽先(剣先の突端)までの寸法

剣先(けんさき)
衽先とも言う。衽の上端の衿と接する部分は斜めになっており、剣のようになっている。その先端。

衽幅(おくみはば)
衽の裾部分で図る横幅。通常15cm程度で決まっている。

合褄幅(あいづまはば)
衿の下端部分の衽の幅。通常衽幅より若干短い。

前身頃(まえみごろ)
袖と衽の間の裾までの部分を言う。左前身頃、右前身頃があり、それぞれ自分が着た時に見て左側、右側である。

上前(うわまえ)下前(したまえ)
上前は着物を着たときに左右あわせた重なりの上になる部分。女性は左前身頃と衽、左側の衿の部分。着物を着た時に一番目立つ部分のため、着物のデザインは上前を中心に考えます。下前はその逆で、左右あわせたときに下になる部分。

 裾回し(すそまわし)
袷の裏につける裏布で、前身頃の裾、後身頃の裾、左右の衽、左右の衿先に二枚ずつ、計八枚つけるので八掛ともいう。裏布を八掛というのであれば、現在は袖口にもつけるので計十枚。

裾(すそ)
着物を着た時、腰よりしたになる部分全体、または着物の一番下の部分辺りを指す。

 

女性の着物(後)

 

 

後幅(うしろはば)
着物の後身頃の裾の部分、背縫いから脇縫いまでの幅のこと。着物サイズの目安参照。前幅+(後幅×2)+(1×2[ゆるみ分])が腰周りと同じくらいのサイズにする。とはいえ、元々は、並寸法で大体決まっていたサイズを多く着られていた。

背縫い(せぬい)
左右の後身頃を後の中央で縫い合わせた縫い目。

脇縫い(わきぬい)
前身頃と後身頃を縫い合わせた縫い目。

肩幅(かたはば)
背縫いから身頃と袖の縫い付けの部分までの幅。

袖付け(そでつけ)
袖付きということもある。身頃と袖の接続部分。

丸み(まるみ)
袖口の下の端にある角が丸くしてある部分のこと。

後身頃(うしろみごろ)
身頃の肩から後ろの部分。

衿肩あき(えりかたあき)
仕立て時、衿をつけるため(首まわりを作るため)、あらかじめ裁ってあけたところ。男物より、女物のほうが大きい。

繰り越し(くりこし)
着物の衿を抜いて着るためには、衿肩あきを後身頃側へ、ずらせる。この時、肩山と衿肩あきの裁切り位置との寸法の差、またはその部分の事を言う。

裏衿(うらえり)
着物の衿の裏に、厚みをつけしっかりさせるためなどにつけてある布。

胴裏(どううら)
袷(あわせ)の裏に用いる裾回しを除いた部分の布地のこと。昔は胴裏を紅絹にして仕立てることが多く、かなり古いアンティーク物の年代見分けの良い指針となる。現在はほぼ白。

袖口ふき(そでぐちふき)
袖口の裏布が表布より出た部分のこと。

袖口布(そでぐちぬの)
袖口の裏につける布。用語としては八掛の中に含まれる事もある。

羽織

着丈(きたけ)
衿から裾までの寸法。おはしょりがないので実際に着る寸法になる。一般的に身長の半分弱。裾が膝上20センチ前後、またはそれ以上になるように仕立てる。

羽裏(はうら)
袷の羽織の裏に用いる布地。男物の場合、この羽裏を豪華にするのが粋とされ、趣向を凝らす。

返し(かえし)
裾で後身頃を内側に折り返した部分。

前下がり(まえさがり)
着た時に裾が水平になるように、前身頃を後身頃より数センチ長めにする。その前身頃と後身頃の差の寸法のこと。

羽織の袖丈
女性の場合、下に着る着物よりも数センチ短めにするのが一般的。裄は数センチ長くする。

着用時

半衿(はんえり)
掛け衿の一種で、じゅばんの衿にかけ、装飾の機能も持つもの。

帯揚げ(おびあげ)
元来は、帯結びの形が崩れないように、結び目が下がらないようにするための細長い布。近代はアクセサリー的な存在でもある。

帯締め(おびじめ)
帯のほどけ防止のため、帯結びの中を通して最後に締める紐。実質的な機能のほかにアクセサリー的な存在でもある。

おはしょり(お端折)
女物の着物を着るとき、着丈より長い部分を腰のところでたくし上げ、腰紐で縛って調整して着ますが、このときのたくし上げた部分をおはしょりという。男物の場合は、おはしょりの代わりに腰の部分で余分な長さを内側に縫いんでいます。これを「内揚げ」という。
元々着物は、裾の部分が汚れやすいので、洗張り後に仕立て直すときに、裾を少し切ってきれいにして仕立て直す。それに備え、身丈の寸法をやや長くしているので、その調整用という機能がある。

衽線(おくみせん)
前身頃と衽の接続部分の線。絵よりはもう少し中央に着付けます…。

褄(つま)
端の意味があり、衽の裾の部分のこと。

衣紋(えもん)
着物の衿を胸であわせる部分や、衿の首の後ろで抜く部分のこと。衣紋を抜くとは首の後ろで衿を抜く事を言う。
元々、着物を着付けることを衣紋といったので、衣紋をつくろうという言葉は着つけを直すという意味になる。衣紋かけは、着物をつるす道具。

お太鼓(おたいこ)
女帯の代表的な結び方、お太鼓結びで、結びあげたとき背中に出る部分。年齢、体形で大きさを変える。

決め線(きめせん)
お太鼓とたれの境界の線。

たれ
太鼓の裾から出す部分。

たれ先
たれの下端。