リサイクル着物 浴衣 手芸用和布 はぎれ 他 和装用品販売とお手入れ
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介ブログお問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

きものサイズ(寸法)の目安

着物のサイズは、人によって意見の違うところですが、洋服よりも大まかに考えてよいと思います。着物が良く着られていた時代、着物のサイズは大体標準的なパターンの中で決められていて、「女並」「男並」と言われるサイズで大体収まっていたのです。その頃は、手持ちの着物を工夫してドンドン着られていました。

着付けの方法によって、多少のサイズの前後は補うことが出来ますが、よく言われている許容サイズは以下の通りです。もちろん、体形や着付けの方法により、この限りではないこともあります。

当店では、一回でもご購入頂いた事のあるお客様には、後払い決済を申し受けております。一週間以内、未使用品(試着程度は可)ならば、送料お客様負担による返品も承っております。詳しくはこちら,、もしくはこちらで。

着物各部の名称はこちら

着物各部の名称(図のみ)はこちら

身丈

 

身丈=身長の「+5cmから+10cm」〜「-5cmから-10cm」

±5cm以内なら、普通に着られる可能性が高いです。おはしょりとは調整のためのものですから、それ以上の差でも着こなし方しだいです。

着物は裾の部分が汚れやすいため、洗張りの後で仕立て直すとき、裾の部分を少し切ってきれいに仕立てるという再生方法があり、そのため、お手入れで切って短くなっても大丈夫なように、着物の身丈は男物でも女物でも、やや長く作ってあります。それを着るときに調整する機能を持つのが、男物では内揚げであり、女物ではおはしょりであります。つまり、多少のサイズの前後ならば、調整可能、というのが元々着物が持つ機能です。

 

裄(ゆき)=首の付け根から手首(くるぶし)までの長さ(手を横に伸ばして)の「+3cmから5cm」〜「-3cmから5cm」

むしろ、着付けで調整容易な身丈よりも重要なのは裄です。着こなし方の好みによりますが、大よそ±3cm以内なら普通に着られる可能性が高いです。
(最近の昔着物ブームが紹介されている雑誌などで、モデルさんがそれより裄が短いと思われる着物をお召しになっていますが、さすがにうまく着こなされていて、違和感をあまり感じない事があります。)

 

前幅と後幅

昔は、女並「前幅23cm、後幅28.5cm」、男並「前幅24.5cm、後幅30.5cm」のどちらかを仕立てのときに指定しただけの注文が多かったようで(女性の場合でも)、これも、ある程度大まかに考えてよいと思います。

着物は仕立ているとき、ヒップのサイズから前幅と後幅を決めます。正確には、さらに身幅や前腰幅と言った数字を割り出すのですが、ここで必要な分だけ、ごく大まかに言うと、衽(おくみ)幅は大体15cm、それに前幅+(後幅×2)-(1×2[ゆるみ分])を加えた数がヒップサイズと等しくなるようにします。つまり、

「ヒップ」の数字が「前幅+(後幅×2)+13」を計算した数字に近ければOK

ということになります。

 「ヒップ92cm」の方が、「前幅23cm」、「後幅28cm」のお着物をご検討の場合、

92(ヒップ)=23(前幅)+〈28(後幅)×2〉+13

の式が成り立ちますので、だいたいちょうど良いと言うことになります

 

もし、すでに着物をお持ちの場合は、上記表を参考に、その寸法を測り、それに近い寸法の着物をお選びになれば確実です。

 

男物の場合

男物の場合は、おはしょりがなく、余分な分は内揚げとして縫いこんでありますので、身丈=着丈であり、寸法は実際に着るサイズとなります。一般的に首の付け根からくるぶしまでのサイズです。裄の図り方は上記女性の場合と同様です。

 

羽織の場合

裄は下に着る着物のプラス1センチ程度。着丈は身長の半分弱以上か膝上20センチ程度よりも長いものを着ることが多いようです。袖丈は下に着る着物よりも少し小さなものを着るのが一般的です。